子供のころから知っているから、今夜も左手のコップへとゆっくり白湯を注ぐ。眼の奥のもの言わぬ一等星へと、その色をもどした指先で触れてみれば、輪郭は閉じて、残るのはいつもの模様だけだって、

Using Format