Yuki93

Contemporary artist and photographer based in Kyoto

1993 born in Shizuoka, Japan


Yuki93

写真家・美術家

1993年 静岡出身 現在は京都にて活動

PUBLISHED

2016 NEW JAPAN PHOTO Issue.1 - EINSTEIN STUDIO

2016 EINSTEIN STUDIO ARCHIVES (Swiss - I Never Read,Art Book Fair Basel)

2016 NEW JAPAN PHOTO Issue.2 - EINSTEIN STUDIO

2017 NEW JAPAN PHOTO Issue.3 - EINSTEIN STUDIO

2017 Fisheye Magazine ( Paris )


SELECTED GROUP EXHIBITIONS SOLO EXHIBITION

2016 NEW CITY ART FAIR / ASIAN CONTEMPORARY ART (NY)

2016 NEW JAPAN PHOTO EXHIBITION (Tokyo)

2016 KYOTOGRAPHIE KG+ SPECIAL EXHIBITION (Kyoto)

2016 Stockholm Art Book Fair / MINDEPARTMENTET (Stockholm)

掲載

2016 NEW JAPAN PHOTO Issue.1 - EINSTEIN STUDIO

2016 EINSTEIN STUDIO ARCHIVES (Swiss - I Never Read,Art Book Fair Basel)

2016 NEW JAPAN PHOTO Issue.2 - EINSTEIN STUDIO

2017 NEW JAPAN PHOTO Issue.3 - EINSTEIN STUDIO

2017 Fisheye Magazine ( パリ )


グループ展

2016 NEW CITY ART FAIR / ASIAN CONTEMPORARY ART ( ニューヨーク )

2016 NEW JAPAN PHOTO EXHIBITION ( 東京 )

2016 KYOTOGRAPHIE KG+ SPECIAL EXHIBITION (京都)

2016 Stockholm Art Book Fair / MINDEPARTMENTET ( ストックホルム  )

SOLO EXHIBITION

2017 KYOTOGRAPHIE KG+AWARD / Media shop Gallery / " New Order " (Kyoto)

2017 KYOTOGRAPHIE KG+2017 Award Selection / Former Junpu Elementary School / " New Order "(Kyoto)

個展

2017 京都国際写真祭 KG+Award / Media shop Gallery / " New Order "(京都)

2017 京都国際写真祭 KG+2017 Award Selection / 元・淳風小学校 / " New Order "(京都)

ART FAIR

2016 LA ART BOOK FAIR (Los Angeles)

2016 NEW CITY ART FAIR / ASIAN CONTEMPORARY ART (NY)

2016 KYOTOGRAPHIE KG+ SPECIAL EXHIBITION (Kyoto)

2016 NY ART BOOK FAIR at MoMA PS1 (NY)

2016 Tokyo Art Book Fair(Tokyo)

2016 Stockholm Art Book Fair (Stockholm)

アートフェア

2016 ロサンゼルスアートブックフェア( LA現代美術館 )

2016 NEW CITY ART FAIR / ASIAN CONTEMPORARY ART ( ニューヨーク )

2016 KYOTOGRAPHIE KG+ SPECIAL EXHIBITION ( 京都 )

2016 NY ART BOOK FAIR at MoMA PS1 ( ニューヨーク )

2016 Tokyo Art Book Fair(東京)

2016 Stockholm Art Book Fair ( ストックホルム )



In the margin of the everyday
Yuki93


“ There is a possibility that even not meaningless things happen. I can not take it granted this warm sunlight in the afternoon. "Something " latent always comes into my view in silent middle of the night, or while I am taking a bath, or even suddenly right now at this moment. ”


My life as a creator is based on "contingency."
I jolt a border between living things and the dead. There are three kinds of consciousness to make reality plural. In this unique country, Japan, I try to see art works with the world.

Two reasons that relate to my existence came up to my mind.


One of them can be connected to me as a person who lives in Japan which has been attacked by series of natural disasters including devastating earthquakes, tsunamis, eruptions, and typhoons. Also we have a history of obliteration caused by WWⅡ.
On 3.11, 2011, the great Tohoku earthquake hit northern part of Japan, and a lot of people’s lives were lost in the earthquake. In addition, nuclear power plants exploded.
Only a week ago, another series of earthquakes and aftershocks constantly hit Kumamoto.
Historically speaking, "even not a meaningless" things have happened for many times, and this small island, Japan is unconsciously related to uncountable number of the dead.
However, its current situation has not changed, namely, people never stop  thinking of nothing but our own interests. We can say these interests led the nuclear power plant disasters. In Japan, a country of natural disasters, the dead and contingency are historically tided to each other.


Secondly, from ancient times, people have connected the dead with symbol (image).
This is immutable symbolic exchanges that rise above time and space, and culture. This world we live and the world of the dead have been divided. However, it is reversed by information-oriented society that ancient theory of “existence= World for living things" and “fiction= World for the dead.”
What it means is we misconceive a living body and imaginary body.
We are living in the imaginary world that is called a world of living things. It is obvious that this phenomenon is going to be accelerated.
And a problem is that contingency has been completely eliminated in ,fictional world, the world of inevitability.


Here are two reasons we need to think of the dead and contingency.


We organize a contingency and resist by breaking the shape of the world of living things
I jolt a border between living things and the dead, and throw a question.

A country of the dead (world of the dead) is an alternative place to a country of living  things (world of living things). One of these worlds is lying on top of the other in this world we live.


" Nameless moment always meet and pass each other without knowing a destination from latent place taking the death. "
It's like a reality, but awkwardly deviates from routine.



3.11 東日本大震災。地表を流し去った津波。原発事故。ここまでのことが起こっても、またすぐに忘れ去られていくでしょう。いや、既に忘れられているといっても過言ではありません。

災害国日本では忘却と復興は、通念としてセットになっています。それは既に歴史が証明している事実です。大昔から震災に見舞われた後の状況において、まったく同じ過ちを繰り返しているのがここ日本です。

一体それは、なぜか。当然、居住地の問題も大きいですが、忘れられがちな大きな一つの原因としては、大地震が起こるサイクルと私たちの生死のサイクルがかみ合わない為に、忘却を繰り返すということがあげられます。もちろん歴史上、過去にも震災後に石碑や絵画など様々な記憶装置は制作されてきました。それでも意味が先に失われていきます。

この状況に対して、どんな一つの解決策を写真作品として提示できるか。そのために、東日本大震災の際に経験した私の話をここに記しておきます。

地震は日常茶飯事であり、いつ大災害の東南海大地震が起きてもおかしくないと言われる静岡で生まれ、そこで18歳までを過ごした。

3.11が起こったのは高校3年生の頃でした。その日から数日後、空もまだ暗い、早朝の余震。寝ている体が大きく前後に揺れ、普段の地震とも似つかないかなりの震度だとすぐに気づきました。目が開いた瞬間には、本棚が倒れるのが目に入る。

東海地震が来たと反射的に脳が反応する。これはもう終わったのではないか。自分でも驚くほど諦めるのが、やけに早かった。諦めた私は、ふたたび眠りにつきます。どう抵抗しても、その確率的にこの生を引き延ばすことの困難さの前に怯み、死ぬことを覚悟した瞬間でした。と言うと聴こえがいいですが、より正確に言えば、生きることを諦める選択をした瞬間です。

少しして、ドアの外から母親の呼び声が聞こえ、意識があることに気がつきます。実家の一階に降りて、テレビをつけてみれば、ついさっきの揺れが科学的には、東海地震ではないことは直ぐに分かりました。


生きてる?自分。私には、あの感覚は東海地震としてしか受け取れないほどの記憶を残しました。頭の中で起きた仮想の東海地震と、実際の3.11の余震とのズレの間に落下してしまってなかなか地上まで這い上がってこれない感覚だけがずるずると残ります。

不安は晴れず、現在、静岡から離れて暮らしているのは、それは東海地震から逃れるためでもありました。心の奥底でそれを恐れていた。それでも、家族や大切な人々は静岡にとどまったままです。いつ来てもおかしくない存在であると、物心つく頃から様々なメディアや両親、学校から刷り込まれて育ってきました。富士山は噴火し、溶岩が流れ、灰が日本を覆い尽くし、遂には海外に達する。実家のすぐ近くの駿河湾からとてつもない高さで津波が押し寄せ、あらゆるものを流し去りインフラは絶たれる。建造物は大半が震災によって崩壊し、火災が起こる。浜岡原発が爆発すれば、放射能汚染に晒される。桁外れの死者、負傷者...

そんな出来事が、いつ来てもおかしくない。無人の荒野になり得るという潜在性や偶然性、どうすることもできないような。つい、この暖かい午後の日差しを疑ってしまう日々を暮してきました。静まり返った真夜中、はたまた湯船の中、その中にも。物心ついた頃から、日々の風景は常に分裂していました。別の風景と時間軸が確かにそこにあった。

その中にいたためか、「あの日の余震」で生きながらにして死にそびれる感覚、生きているのか死んでいるのか判断に困る違和感としてのズレを経験しました。生きながらにして死んでいる、死にながらにして生きている感覚が以前にも増して強まります。ですがやはり、現実では生きながらにして生きている、死にながらにして死んでいる、という認識が通常かと思います。

それでも案外、生死の境界は固定されたものではなく、曖昧なのかもしれません。一直線の時間の中だけに収まって生活している感覚が、その頃からどうしても実感として無くなっているのです。

この経験から、私は風景そのものを記憶装置に変換する写真作品の制作を始めます。(Landscapeシリーズ)意味の腐敗を乗り越え、風景の分裂を起こす装置として、時間、空間を複数化させます。自然が生命活動として繰り返す災害被害の責任は、人間にこそあるでしょう(人間にしか起こらない為)。記憶の風化を防ぐことこそがまず、大前提だと私は考えます。


Using Format